top of page

Web会議、オンライン取材について

先日、仕事の取材で、Webミーティングのアプリを使いました。感想から言うと、なかなか便利なものだなと思いました。昨今の社会状況をみるに、今後Webでの取材が増えてくることは間違いないでしょうし、一度使ってみると割と多くの人が「あれ?これでいけるんじゃね?」ってなるかもしれないですね。何より、出張する時間と経費が大幅に削減できますし、いままで物理的にあきらめていた取材対象者にもアプローチしやすくなる気がします。


実際、今の自粛モードによって、CO2の排出量が減ったり、交通事故も減っているそうですから、ヒトの移動が少ない社会は、確実に環境にやさしい。SDGsの達成を掲げている企業にとってもうれしいことではないでしょうか。オンラインミーティング、Web会議、ビデオ会議と呼び方はいろいろですが、画面越しに会話をするコミュニケーションは確実にビジネスシーンに定着していくはずです。呼び方はこれからデファクトスタンダードが決まるんでしょうね。シェアを伸ばしたサービスの名称が、代名詞になりそうな予感。


私たちの仕事の上で、Web会議の最大の問題は撮影ですが、これをどう解決するか。いくらスマホの画像がきれいになって、誰でもそこそこの写真が撮れる時代になったとはいえ、やはりプロが意図をもって撮った写真にかなうはずはありません。


この問題も、いつかデバイスやアプリでなんとかできる時代がくるのでしょうか。もう考えてる人がいるかもしれないけれど、できれば、そこは人でなければできない領域として残ってほしい。古い人間と言われてしまいますかね?

閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示

遠隔取材、今度は地方の卒業生と

先日、某中学校のWeb記事の仕事がありまして、卒業生へのインタビューをZOOMで行いました。都内の制作会社と私の自宅と卒業生は福岡という、3元生中継です。いままでだったら、地方の大学に進学した卒業生の取材は電話か、もしくはあきらめていたかもしれませんが、これなら表情を見ながらお話が聞けるし、担当者が複数いても同席できるので、あとで確認のために録音ファイルを送ったりする手間も省けます。 これなら留学

コメント


bottom of page